中部国際空港(セントレア)の警備から機械警備、交通誘導警備、イベント警備、輸送警備、常駐警備、身辺警備、保険業務、電気保安業務、ホームセキュリティまで、愛知県実績No.1総合警備会社

空港警備

中部圏の空の玄関として、さらには、日本の発展を支える国際拠点空港として
大きな役割を果たしている「中部国際空港(セントレア)」。
東海警備グループは、その中における
さまざまな重要施設・エリアの警備を担っています。
それは私たちの実力と信頼性の証でもあります。

中部国際空港(セントレア)警備] 空港内における重要施設の安全を守っています。

中部国際空港(セントレア)警備

私たちは中部国際空港の警備を2005年の開港当初から受託。あらゆる警備技術を集約したハイレベルな警備体制のもと、24時間365日、利用者・関係者の安全と安心を守っています。
現在は空港の心臓部である「管制塔」の入った建物をはじめ、多数の車両が出入りする「貨物ターミナルエリア」、航空機に燃料を入れる「給油施設」などの重要施設において、出入管理や巡回、モニター監視などの警備を実施。航空機に不審者が近づかないよう警備する「駐機警備」、搭乗口における「パスポートチェック警備」も行っています。











[警備体制] ハイジャックやテロに備えた高度な警備体制。

警備体制

空港はハイジャックやテロなど、人命に深く関わる犯罪が想定される場所。そのため、常に空港の安全を確保し、秩序を維持するためには、一般施設よりも多種多様かつハイレベルな警備が必要となります。さらに国際空港の場合は、国際法に沿った高度な対応も求められます。
私たちは訓練を重ね、ハイレベルな警備技術を習得。災害・犯罪などの異常事態に的確に対処できるよう常に備え、未然防止についても万全の体制を整えています。


ご契約先(実績)

中部国際空港株式会社
株式会社近鉄コスモス
航空自衛隊小牧基地
ルフトハンザドイツ航空会社
株式会社日本航空インターナショナル

▼ 諸費用を検討したい方はお問い合わせください!

お問い合わせ